パンドラの箱の中には…

普段ゲイ生活の36歳。ゲイ生活の中で得たスキルや知識をアウトプットするゲイブログ。

金融ブラックでクレジットカードが持てなくても困らなかった理由

この記事をシェアする

こんにちは、はじめ(@hazi_57)です。

 

先日Twitterでも軽ーくつぶやいたのですが、

 

 

まぁ、今そんな感じですので、
優しい方、どなたかサ〇してください('_')

 

っていう冗談はさておき、
この壊れちゃったキャッシュカード、
デビットカードの機能も兼ねていましたので、
コンビニやスーパーでの支払いもほとんどコレで決済していたのですが、

 

お客様のカード、止められているみたいです。

 

とまぁ、そんなダイレクトに言われちゃいましてね。
気になってATMに行っても
「このカードはお取り扱いできません。」と返却され、
でも、なぜかまいばすけっとでは普通に決済ができたので、
これはもしかしてICチップだなと思ったわけです。

 

カードの取り換えが必要そうだし、
この機会にカードの種別もちょっと変えちゃおう、
ついでにこのカードのことに関してもブログのネタにしようと思いまして、
今日は書いていこうと思います。

金融ブラックでも困らなかったのは、楽天VISAデビットカードを持っているから

先日の自己紹介でも書きましたが、僕は金融ブラックです。
なので通常のクレジットカードを持っていません。
厳密にいうともうかれこれ15年以上クレジットカードの申し込み自体をしていないので、どうなってるのかわかりませんが、きっとダメでしょう。

でも、ローンを組んでまで欲しいものがなく、
クレジットカードがなくて苦労をしたことはなかったのですが、
ネットショップで欲しいものがあったときに、
クレジットカードか、振り込みか、代金引換かってなったときに、
手数料のかからないクレジットカード決済ができたらいいなと思うようになりました。

 

そこで見つけたのが、イーバンク銀行のVISAデビットカードでした。
つまり現在の楽天VISAデビットカードです。

f:id:ha-zi:20190829004906j:plain

楽天銀行VISAデビットカード

 

イーバンク銀行のVISAデビットカードは当時2種類あって、
どちらも年会費がかかるものでしたが、
還元率の高いゴールドの方を契約しました。
その後、楽天に吸収されて、楽天銀行に変更になってからも、
今の今までずっと使い続けてきました。
当時は現金還元で直接口座に入金されてましたが、
今は楽天になったので楽天ポイントで還元されます。

 

最近はいろんな銀行がデビット機能をつけていますが、
当時はそれほどなかったので、かなり重宝しました。

 

キャッシング機能がないこと、分割払いやリボルビングができない以外は、
普通にクレジットカードと同じ使い方です。
店員さんに「1回払いで。」とお願いするだけです。
ネットショップでも16ケタのカード番号を入れて「1回払い」を選択するだけです。
レジにVISAのマークがついているVISA加盟店であればどこでも利用できます。

 

通常のクレジットカードが翌月請求なのに対して、
VISAデビットカードは事前に口座にお金を入れておいて、
基本的には使った分だけそこから即時で引き落とすというのが特徴です。

 

数あるデビットカードの中でも、
僕的には楽天VISAデビットカードが一番使い勝手が良く優秀だと思っています。

 

クレジットカードと同じようにポイントが貯まる

楽天VISAデビットカードは、
通常のクレジットカードと同じように、
決済金額に応じてポイントが還元されます。

還元率は、100円につき1ポイント
なかなかの高還元です。
他に同様のデビットカードはありません。
また普通の楽天クレジットカードでの決済も100円につき1ポイントなので、
普通のショッピング目的ならば、
「え?クレジットカードいる?」ってなっちゃいます。

 

コンビニやスーパーなどVISA加盟店であればどこでも使える

VISA加盟店ならばどこでも使えるので、とても便利です。
1,000円のお買い物を現金で払ってしまえばそれで終わっちゃいますが、
楽天VISAデビットカードで決済すれば、翌月15日に10ポイントが付与されます。
実質990円で買ったことと同じことになるのです。

 

ネットショッピングでも使える

もちろん楽天市場AmazonYahoo!ショッピングでも普通に使えます。
店頭と同様、支払い金額に応じてポイントが付与されます。

 

ただし定期購読などで毎月決まったタイミングで決済されるようなものは、
「このカードでは登録できません。」とか、
「デビットカードでの決済はできません。」と表示されてしまうことがあります。

 

公共料金の支払いでも使える

上で毎月決まったタイミングで決済されるようなものは、
できない場合があると言いましたが、
僕の家の電気、ガス、水道、
すべて楽天VISAデビットカードで決済できてます。
僕は何故か水道代がいつも高くて困っているので、
ちょっとでもポイントが還元されて助かってます。笑

 

いろんなサブスクリプションサービスでも使える

僕は今、HuluNetflixAmazonプライム会員、格安SIMのmineo
Wowow、インターネット回線のソフトバンク光、全部楽天VISAデビットカードで決済できてます。

 

あと、このはてなブログproもこれで決済できます。

 

また要らない情報ですが、
ゲイ向けエロ動画でKO TUBEや、CK DOWNLOADは定額制見放題のサービスを行っていますが、これも一応決済できます。
厳密にいうとこれらの決済を代行しているCREDIXでの決済であれば問題ないです。

 

ほんとに最後要らない。笑

 

海外でも使える

海外のVISA加盟店でも問題なく使えます。
3年前、タイに旅行に行った時、飲食店やホテルのサービスを利用するときには役に立ちました。

 

ただし、通常の楽天のクレジットカードが海外利用時の手数料が1.63%に対して、
楽天VISAデビットカードは3.024%なので、ちょっと高めです。

 

 

貯めた楽天ポイントを支払い時に使用できる

楽天スーパーポイントを楽天銀行デビットカードの支払い(国内、海外ショッピング)で利用できます。

 

例えば購入金額が1,000円で、
楽天ポイントが1,200ポイント保有しているとき、
決済時に楽天ポイントを使って1,000円分全額を決済することができます。

 

例えば購入金額が1,000円で、
楽天ポイントを500ポイント保有しているとき、
楽天ポイント500円分で支払い、差額を口座のお金から支払うといったことができます。

 

楽天ポイントだからと言って楽天市場だけでなく、
VISA加盟店であればどこでも使えます。
僕は楽天市場でそれほど買い物をしないため、
このサービスはとてもありがたいです。

 

 

デメリット

楽天銀行への30,000円未満の入金はATM手数料が発生

楽天VISAデビットカードはプリペイドのようなサービスなので、
事前に楽天銀行の口座に入金をしておかなければいけません。
30,000円未満の入金はATM手数料が発生します。

 

ただし、以下の方法で行えば無料で入金できるのであまり問題でもない気がします。

  • 30,000円以上をまとめて入金する。
  • ゆうちょ銀行の口座と紐付けをさせて、
    ゆうちょ銀行に入金後、楽天銀行のウェブサイトで入金処理をする。
    (30,000円未満でも無料。ただし反映は最大翌々日。)

 

ATM引出手数料が発生

大手の銀行であれば平日9時~18時までかからない引出が、楽天銀行では発生します。
ゆうちょ銀行の口座と紐付けさせて、
ゆうちょ銀行に出金をさせると少しは安くなりますが、それでも165円かかります。

 

ただし毎月25日が終わる段階で楽天銀行口座に入金されている金額に応じて、
翌月最低1回は出金、または入金が無料になる優遇サービスがあります。
なお、口座に300万以上あれば付き翌月7回までは無料になります。

 

本当は教えたくないけど、こんなセコイことしてます。

僕は携帯電話で、auワイモバイルを契約しています。

 

ワイモバイルは今まで問題なくできていたのですが、
今年の7月頃より、楽天VISAデビットカードでの決済ができなくなってしまいました。

 

しかしワイモバイルの場合、
ネット上でプラン変更や料金の確認などができるMy ymobileというサイト内にて、
未払金をクレジットカードで支払うことができます。

 

本当に嫌らしい話で恐縮なのですが、
お金の入っていない銀行口座をワイモバイルの引落口座に登録し、
故意に引き落としをさせず、My ymobile上で未払金のクレジットカード決済ができるようにしてから、楽天VISAデビットカードで支払いをしています。

auに関しては、楽天VISAデビットカードでの決済が可能ですが、
au指定以外のカードで登録をすると、
au Walletへの入金をauかんたん決済でできなくなります。

 

そのため、auに関してもお金の入っていない銀行口座を引落口座に登録し、
故意に引き落としをさせず、My au上で未払金のクレジットカード決済ができるようにしてから、楽天VISAデビットカードで支払いをしています。
その際、今回のみクレジットカード決済をするか、
今後もこのクレジットカードで決済をするかを聞いてくるので、
必ず、今回のみクレジットカード決済をするを選択します。

 

auかんたん決済で入金したau Walletは、
通常のお買い物時に、au Walletポイントが付与されるので、
au Walletポイントと、楽天ポイントの二重取りができます。

 

まとめ

上記で書いたようなことから、
僕はずっと楽天VISAデビットカードをありがたく使わせてもらっています。

 

僕は楽天VISAデビットカードのゴールドカードを利用していたので、
毎年3,150円(今年から5,250円)がいままで年会費としてかかっていましたが、
そのタイミングで楽天ポイントの還元ポイントが高くなった上に、
どの種別のカードを持っていても還元率が一律になりました。

 

年会費のかからない楽天VISAデビットカードのベーシックでも、同じ100円につき1ポイントの還元率になったので、
今となっては別にゴールドでなくてもよいだろうと思い、
ICチップが壊れたタイミングで切り替えることにしました。

 

ちなみにゴールドだと年会費がかかる代わりに、
渡航時の荷物の配送費用が安くなったり、
ショッピング保険や国内・海外旅行の傷害保険などの特典が付くのですが、
僕全然旅行とかしないので、年会費払っても全然恩恵受けないなと思いまして…。

 

そんな感じで、あんまり胸を張って主張するようなことじゃないけど、
これが僕の金融ブラックでクレジットカードが持てなくても困らなかった理由でした。

10代、20代でダメダメな人生だったとしても、
まぁ、長く生きてればなんとかなります。

 

そんな経験がなかったらもしかしたらずっとこの存在を知らなかったかもしれないし、
人生のどこを切り取っても、無駄なものなんてないんですよ。

 

一応最後に楽天VISAデビットカードが作れる楽天銀行のリンクを貼っておきますね。

 

 

>>>楽天VISAデビットカード

 

 

今日もここまで読んでいただいてありがとうございます٩(๑´3`๑)۶