パンドラの箱の中には…

普段ゲイ生活の36歳。ゲイ生活の中で得たスキルや知識をアウトプットするゲイブログ。

【オリジナル曲】OUTSIDE STREETERS

この記事をシェアする

こんにちは、はじめ(@hazi_57)です。 

 

今の時期は台風の事や、ラグビーの事を書いている方が多いみたいですが、
自分は平常運転で我が道を行きます。笑

 

今日は久しぶりにオリジナル曲をさらけ出します。
恥ずかしいのでヘッドホンで聞いてくださいね。 

オリジナル曲:『OUTSIDE STREETERS』  

Original Mix

 

Band Mix

 

僕らの中の
どれを選んでも
完璧なものなんて
何一つない だから

 

話してよ HOMIE
痛いくらいの STORY
壊れ出す君を救うから

 

遠い日のLOVER 今はSTRANGER
爪噛んでた 僕はOUTSIDER
だけどまだ 愛しすぎるんだ
ストイックにPRAYER 裸足のままSTAND UP

 

I COULD C NOTHIN' BUT ME

 

言い訳なんてしない
誰かの一部じゃない
群れは作らない
カテゴライズされない

 

大丈夫だよ HOMIE
IT'S A DOWNRIGHT SILLY STORY
ひとりで何でもこなしていくから

 

佇むLOSER 裸のCHALLENGER
STREETWALKER いつかOUTSIDER
だけどまだ 夢の途中だ
靴紐くらい 自分で結ぶんだ

 

DISTRIBUTOR まだ碧いSURVIVOR
トラップばっか 信じた人もBABBLER
誰の優しさ 信じていたいんだ
隠してたSCAR  そのままUPSIDE DOWN

 

孤独なPLAYER 今はSTRANGER
居場所探した 僕はOUTSIDER
だけどまだ 踊り足りないんだ
ストイックにPRAYER 裸足のままSTAND UP

 

DISTRIBUTOR まだ碧いSURVIVOR
見上げたなら 星は瞬いた
だけどまだ 夢の途中だ
無言のまま 動き続けるSTREETER

 

WANNA BE DREAMMAKER 今はOUTSIDER

 

ストイックにSOLDIER 夢を描くSTREETERS

 

セルフライナーノーツ

20歳とか21歳くらいに歌詞とメロディが出来ていて、
歌詞を修正したり、音源を微調整したりしたりして、
実際に今のこの形になったのが5年後だったと思います。
そのため、異なるバージョンのものが2つあります。

 

もし自分の作った今までの歌を1枚のアルバムにするならば、
1曲目に入れたいなって感じの楽曲。
アップテンポなのと相まって、どちらかと言えば前向き系でポジティブ系で、
ちょっとした応援歌みたいな歌になっていると思います。

 

以前売り専に所属していた時、
いじめってほどではないんだけど、
例えば待機中にハブられたりとかアルバムに落書きされたりとか、
他のボーイからちょっとした嫌がらせを受けた事があったんですね。

 

なんとなく自分の中にも心当たりがないわけじゃなくて、
当時同じお店で知り合ったボーイと
色恋な関係になって1ヶ月だけだけどお付き合いしてました。
お互い誰にも言ってなかったんだけど、
まぁ、いわゆる職場恋愛だし、すぐにほぼ全員に広まりました。

 

今思えばこれが原因かななんて思っています。
お金欲しくて売り専入ったのに、
何いっちょ前に恋愛なんてしてるんだろと、
今ならちょっと嫌がらせをしたボーイの気持ちがわからなくもないです。
でも、何が起こるのかわからないのが恋愛でしょ?笑

 

とてもイケメンで自分にはもったいないくらいの人でした。
案の定1ヶ月で僕は捨てられてしまい、
彼はそのままフェードアウトしてお店に来なくなりました。

 

別れた時はちょっとショックでしたし、
彼しか話相手居なかったので、
その後、僕は売り専の中でかなり孤立していたけど、
やっぱり一人で生きていこうって、
一人でもやっていこうって思った時に、湧き上がった歌です。

 

でも、自分の中で納得する歌詞が書けなくて、
一度この歌を寝かせた後で、
またコリずに別の人と恋人関係になって(その彼は売り専ではない。)、
でもやっぱり1ヶ月くらいしか続かなくて、
その後、また別の売り専に登録。
そのお店の中では特別嫌がらせとかは受けなかったけど、
嫌がらせを受けた事が何となく自分のトラウマみたいになってたり、
そのお店では思うように全然売れなくて、
店の中でもちょっと周りの人たちと少し距離を置いてしまって、
それでやっぱり孤立してって、
そんな経験が増えて時に、
この歌を仕上げたくなって、また掘り起こして今の形になりました。

 

でも一つだけこの歌に納得しないところがあるとすれば、
この歌を書き始めた当時も仕上げた当時も、
特にこれと言った「夢」なんて持ってなかったし、
たいして「夢」なんて描いてはいなかったかも。

 

そう言えば、数年前、
とある合コンに行ったんですけど、
その合コンをオーガナイズしてたのが、
売り専で嫌がらせをしてきたボーイの一人だったんです。
12年ぶりに憎き相手と再開したんですけど、
びっくりするくらい相手は何も覚えてなかったんですよね。
だから僕もわからないフリをしてました。

 

そんでもってちゃんとその合コンで一人お持ち帰りして、
ズッコンバッコンされてきました。笑
まぁ、それ以上の関係にはなりませんでしたけど。

 

ひとりで生きていこうと誓ったっていう歌の紹介をしたかったのに、
最後は、自分の下半身がだらしないって話になっちゃった…。

 

 

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました٩(๑´3`๑)۶