パンドラの箱の中には…

普段ゲイ生活の36歳。ゲイ生活の中で得たスキルや知識をアウトプットするゲイブログ。

【オリジナル曲】of you

この記事をシェアする

こんにちは、はじめ(@hazi_57)です。 

 

僕が勤務する会社は、
土日休みで祝日は関係なく仕事をするのですが、
今日はお休みを頂いて優雅に3連休中。

 

そして先週も3連休をもらい、今週もあと1回お休みをもらいます。

じゃないと10月で有給が更新されて、
古いものが消滅されちゃうので、無理くり使ってます。

 

別にどこに行くわけでもないので、
まとめてざぁーとブログ書いたり、本を読んだりして過ごそうかなと思ってます。  

 

恥ずかしいのでヘッドホンとかイヤホンで聴いてくださいね。

オリジナル曲:『of you』  

 

辛いだとか 寂しいとか
口にはせずに待ち続ける
バイブレータの音が静かに今
無機質に響き渡たる

 

暗い部屋に湿気が漂う
青い光を受けて裸体を捜す
無差別並んだティッシュに埋もれて
忘れかけている愛する人を
待ち続け 待ち続けて 待ちわびて 待ち疲れて
二人で眠りに付く汚れた布団の足元から
××を弄り臍から顔へと
上にあがり 舌絡ませる
そんな光景を黙って見ている
自分抱く横で舌絡む音から逃げるみたいに抜け出して
Smokin' AreA 遣る瀬無い気持ちを
煙に委ねて 何も見てないフリをする
Re;set 30min
また笑顔で何故迎え入れてる

 

But I'm still lovin' you
Whenever, I cry
That means only lose of you
Frustrating
Be calm down

 

君の中で 君の横で
君の側で 男(他人)の影
僕は歌う バレないように際どい角度 Just I lament

 

愛にならず 愛と呼べず
愛に堕ちて 愛に泣いて
僕は歌う 廊下のベンチに丸くなって I'm here

 

嘲笑うように カーテン開けて
モバイルの小窓で照らす程でもない
相手にされない男(ひと)の上 NAの歌流れる
1 piece , 2 step , hip-pop

 

But I am one of them
Whenever, I cry
That means also lose of you
Frustrating
In so many ways

 

君の中で 君の横で
君の側で 男(他人)の影
僕は歌う バレないように際どい角度 Just I lament

 

愛にならず 愛と呼べず
愛に堕ちて 愛に泣いて
僕は歌う 見えない場所で君との奇跡を One more time

 

歪んだRhythmにあわせて腰振り
無言なRhymeとMicrophone
All Cellulaphone 表示は圏外
ここなら誰にも邪魔などされない
奇跡と絶望 二つを合わせて
幸せ 不幸のどちらも与えて
選ばれし者だけに感じる痛みや
快感を促し加速をつける
僕らはショーウィンドウに並ぶ
売り専ボーイ達とは訳が違う
職満たされても 誰かに抱かれても
明日になっても残った孤独
ここには未来などない
愛望む者なんてここにはない
それでももし抱きしめたいなら責任覚悟で
You'll seize my microphone

 

君の中で 君の横で
君の側で 男(他人)の影
僕は歌う バレないように際どい角度 Just I lament

 

愛にならず 愛と呼べず
愛に堕ちて 愛に泣いて
僕は歌う 見えない場所で君との奇跡を One more time

 

夢に変わる 夢に消える
夢で膨らむ 君の記憶
僕は歌う あの時の温かさだけで今 Sing your song...

 

I am patience for you
I am dreaming of you
I am singing for you
I am crazy for you
I am waiting for you
I am suffering for you
I am crazy for you...

 

I am patience for you
I am dreaming of you
I am singing for you
I am crazy for you
I am waiting for you
I am suffering for you
I am crazy for you...

 

セルフライナーノーツ

背伸びしすぎ。
全然自分の歌唱力と合ってなさすぎて辛い。

 

歌詞の通り、ハッテン場の歌ですね。
比較的直球な歌詞だと思います。
自分で言うのもなんだけど、すげぇ歌だなと思う。

 

よくよく考えると、
僕って、ハッテン場行くし、ゲイバー行くし、売り専行くし、
実は結構チャレンジャーだなーって思いました。
こんだけいろいろやってるのに、なんで友達いねぇんだろう僕。笑

 

僕の血液型はゴリッゴリの典型的なB型。
大体百発百中「B型でしょ?」って言われます。
で、「そうっすよー。」って言うと、
「あー。(納得)」って返されます。
「あー。」じゃねぇよ。ミタイナ。笑

 

でも、自覚してます。
少なくともハッテン場ではコレが顕著に出ます。
ハッテン場に着いた事に満足しちゃって、
その後のヤる、ヤらないがどうでもよくなってしまう。
煙草だけ吸って帰っちゃうとか結構あります。

 

その中でも、これは唯一、
大阪のハッテン場でヤった男を想った歌です。笑
確か21、2歳くらいの時に作ったと思います。

 

僕は賢者タイムが凄いので、
自分が終わってしまえば、すぐ一人になりたい系の人。
でも彼の場合は何故かそれがなかったんです。
純粋に一緒に添い寝したいなっていう気持ちになり、
トキメいていたんだけど、コイツが結構曲者でした。

 

彼氏が居たんです。
何なら彼氏と一緒にハッテン場に来てました。
彼氏とハッテン場に来たくせに、僕に手を出してきたのです。

 

お互いの名前を聞いて添い寝して、ちょっと仮眠を取った後、
彼に煙草を誘われて、一緒に喫煙所に向かいました。
そこで彼氏と鉢合わせ。

 

とっさに彼が、
「堂山でよく飲みに行く友達のはじめ。たまたま会ったんだ。」
と僕の事を紹介。

 

でもね、
僕堂山はおろか、大阪のゲイバーで飲んだことなんてなかった。
当然その彼氏はわかってたんだと思う。

 

「はじめさんは、堂山でよく飲むのに、めっちゃ綺麗な標準語やね。」
そう言って彼は喫煙所を出て行った。

 

気分は火曜サスペンス。

 

僕はこれで彼に彼氏が居ること知り、落胆したのですが、
彼氏と鉢合わせした彼は結構ケロっとしていて、
「はじめ、大部屋に戻って、もう少し一緒に寝よう。」と誘ってきた。

 

僕も、どうせこの先会うことないだろうから、
甘えちゃおうと思い、また一緒に寝ることにしました。

 

ふと目をさますと、彼が隣で別の男とヤッていた。
ハッテン場で会う男ってそんなモンだ。

 

起き上がって大部屋から出ようとしたところ、
「あぁ、はじめ、気持ちいいよ。あぁ、はじめー、好きだよ。」
ん? 俺今ここにいるんだが…。

彼は、今ヤッてる人が僕だと思っていたみたい。
ハッテン場って暗いからね。

 

そのままヤらせて置こうと思い部屋から出て、
煙草を吸いに行くと、30分後くらいに彼が戻って来ました。

 

「はじめだと思ったら、全然違う人だったよ。なんで言ってくれないのさ!!」
「いや、楽しそうにしてたから、そのままにしとこうかなって。」
「そういうことじゃなくてさ、はじめじゃないってわかった瞬間に一気に自己嫌悪がましたよー。」

 

そこに自己嫌悪があるのに、
彼氏と一緒に来たのにも関わらず、
自分とヤることには自己嫌悪はないのだろうか…。

 

「まだ時間ある?もう一回寝よう。」

 

僕も正直言うと切ない30分だった。
素直に首を縦に振った。

 

「あ、でもさっき、めっちゃしゃぶられたから軽く洗ってくる。ちょっと待ってて。」
ところどころ彼にはデリカシーがない。
あとできれば、軽くじゃなくてちゃんと洗って欲しかった…。

 

でもなんだかんだでその日、2回ヤった彼。
「また会いたい」と言われ連絡先を交換することに。

 

そして彼は彼氏と一緒にハッテン場を出ていった。

 

その後、もう一回会うことができたのですが、
それはまた次回楽曲紹介の際に書こうと思います。

 

↓追記:もう一度会ったときの話↓

 

 

***

 

それにしてもね、
僕結構彼氏キラーみたいなんです。

 

人生でそれほど数は多くないのですが、
好きとか、付き合いたいとか告白してくれる人って、大体彼氏持ち。

 

今回のコレはハッテン場だったから、
あながちありそうな話ではあるんだけど、
最近2丁目の飲み屋でもそんなことがあった。
まさか36歳にしてそんなロマンスが生まれるなんて思わない。

 

お客さんとして飲みに来てた人にずっと好き好き言われてたんだけど、
そいつも彼氏が居て、
その彼氏がその店の店員というなんとも複雑な感じ。

 

友達として付き合うには楽しいと思うんだけど、
そんな簡単に男を乗り換えるヤツを自分は信用しない。
彼氏であるその店の店員も、
彼氏の存在は知らなかったけど、お店で会えばそれなりに話をする人だし、
そんなね、節操のないことできない。

 

そんな事を思ってたら、
上の大阪のハッテン場の事を思い出したので今日はof youを公開しました。

 

 

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました٩(๑´3`๑)۶