パンドラの箱の中には…

普段ゲイ生活の36歳。ゲイ生活の中で得たスキルや知識をアウトプットするゲイブログ。

【格安SIMレビュー】ワイモバイル、mineo、楽天モバイル、DMMモバイル、半年以上使い続けてみた結果。

この記事をシェアする

こんにちは、はじめ(@hazi_57)です。

 

今日は格安SIMのお話です。
一時期よりは、ちょっと熱は冷めた感じはしますけど、
それでも家電量販店に行くとかなりの大きなスペースを占有して、
格安SIMの販売・契約に力を入れているなーという印象を受けます。


僕の身の周りでも、
格安SIMに切り替えた人はいるけど、
「変えたいけど、ちょっと手続きがめんどくさい。」みたいな人、
まだ結構います。

 

僕は一番最初は4、5年前に手を出し始めました。
それから4社の格安SIMを使って、メイン機になったものもあります。

 

今日はそんな格安SIMの使用歴や、
使ってよかったことやダメだったなーって思うことを書いていきます。

DMMモバイル

f:id:ha-zi:20190818153922g:plain

使用期間:2014年12月~2017年1月
使用機種:Huawei Ascend Mate7

 

一番最初に契約したのはDMMの格安SIMでした。
DMMといえば、今はもうFANZAという名前になりましたが、
エロコンテンツに特化したサイトのイメージの方が強いですよね。
エロ好きなんで、結構それだけの理由で契約しました。

 

DMMモバイル使用時の毎月の料金 

内容・内訳 金額
通話対応SIMプラン(1GB) ¥1,360-
端末分割支払金 ¥2,241-
端末交換オプション利用料 ¥378-
ユニバーサル料 ¥2-
合計 ¥3,981-

(別途毎月通話料がいくらか発生してます。)
※表示は2016年12月利用分の税込価格です。

 

DMMモバイルのメリット

分割手数料なしで端末の割賦購入が可能

f:id:ha-zi:20190818153818j:plain

Huawei Ascend Mate7

今でこそカメラ性能に特化した良いスマホみたいになっているHuawei、
以前からいろんなメーカーに卸してはいたけど、
当時はやっぱり中華性ケータイは、ダサいし性能も良くないし、
操作性も微妙だしって感じてたけど、この機種くらいからかなり良くなってきたなって思います。

 

当時はまだハイスペック端末でクアッドコア(4コア)が主流になりつつあった時代に、Huawei Ascend Mate7はオクタコア搭載で画面も6インチとかなりインパクトのあった機種でした。
それがこの値段で買えるなら、ちょっと遊んでもよいかなと思って買ったのですが、
画面も大きく、充電の持ちもよく、カメラも綺麗で結構気に入って使っていました。
あと、当時2回タイに旅行に行ったのですが、
その時のWi-Fiルーター替わりとしても重宝し、
空港付いて、速攻現地のTrueMoveのプリペイドSIMを契約して差し替えて使ってました。
(本当はAISっていう携帯キャリアが良いらしいんだけど、当時は空港内にはなかった気がする…。)

 

楽天モバイルとかほかの格安SIM業者だと、
分割手数料がかかるところもあるけど、
DMMモバイルは分割手数料がないのでとても安心して利用できました。

 

通信状況もさほど悪くない

思ったよりも通信状況は悪くなく、
使用していて不自由に感じたことはありませんでした。
DMMモバイルは、IIJmioという自社でも格安SIMを運営している業者から、
通信設備などを受けて運営しています。
IIJはもともとインターネットプロバイダなどの通信系に強い会社なので、
その恩恵をDMMモバイルも受けている印象ですね。

 

支払い金額に応じてDMMポイントが貯まり、エロい何かが買える

これがメリットかって言われるとわからないんだけど、
地味にDMMで利用できるポイントが貯まります。
なので、定期的にペペローション買ったり、10円動画とか見て昇天してました。(←本当に要らない情報…。)

 

DMMモバイルのデメリット

1年以内の解約は解約手数料が発生

大手キャリアの2年縛り、2年おき更新よりはマシだけど、
1年以内の解約は9,000円の解約手数料が発生し、ちょっと高めです。
でも僕は割賦でスマホを買ったので、どのみち2年は使うつもりでいたので、
まぁ正直そこまでは気になりませんでした。

 

店頭販売はない

値段も安くて比較的使い勝手の良い格安SIMではあるんだけど、
なぜか店頭販売は今でもしてないんですよね。
ビックカメラとかヨドバシカメラとかでは契約できません。

 

DMMモバイルを解約した理由

ちょうど2年経過したあたりからHuawei Ascend Mate7の7の電池パックが膨らんできて、
液晶画面を圧迫してタッチ操作がきかなくなってしまいました。
DMMmobileそのものには使っていて不自由を感じなかったのですが、
このタイミングで一旦解約を決め、SIMカードも返却しました。

 

2019年9月から、DMMモバイルは楽天モバイルに吸収されるみたいです。
下記に記載しますが、僕にとってはとっても使い勝手の悪い格安SIMメーカーなので、
早い段階で見切りをつけておいてよかったなーと思いました。

 

 

楽天モバイル

f:id:ha-zi:20190818165016p:plain

使用期間:2018年8月~2019年2月
使用機種:galaxy S7 edge

 

次に契約したのは、楽天モバイルでした。
機種はauのgalaxy S7 edgeを持っていたので、
SIMロック解除をして、楽天モバイルのSIMをさして使っていました。

 

当時かろうじてジムに通っていたのですが、
そのジムにWi-Fi環境がなかったこと、
ジョギング中にSpotifyNETFLIXhuluなどを見ているとあっという間に通信量の上限を超えて低速になってしまう上に、
メインで使用しているスマホだったので、
ついついLINEの通知などが来ると他のコトをしがちになってしまい運動に集中できなかったので、
ジム用の機種と割り切って使用してました。
そのため音声通話SIMではなく、データ通信専用SIMを契約しました。

 

楽天モバイル使用時の毎月の料金 

内容・内訳 金額

ドコモ回線データSIM(3.1GB)

¥972-
合計 ¥972-

※表示は2019年1月利用分の税込価格です。

楽天モバイルのメリット

楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで支払いができる

楽天モバイルの月額料金100円につき1ポイントが付与されるので、毎月ポイントが貯まっていき
貯まった楽天ポイントは、毎月の料金の支払いに充てることができます

 

普段から楽天市場を利用している人や、
楽天カードを頻繁に使用してポイントを貯めている人であれば結構お得に利用できそうです。

 

デビットカード決済OK

クレジットカードを持っていない人でも、
VISAやmaster、JCBのデビットカードで毎月の料金を決済できます。
基本的にはどこの格安SIM業者もクレジットカードのみでデビットカードでの支払いはできないですが、
楽天モバイルでは楽天銀行デビットカードスルガ銀行デビットカードは利用できることを書いてます。
ただし端末の分割払いを希望する場合はデビットカード不可です。

 

楽天カード楽天銀行デビットカードで支払いをすると、
楽天モバイルで付与される楽天ポイントとは別に、
カード払いにおける楽天ポイントも付与されて、
ポイントが2重にもらえることになります。

 

楽天モバイルのデメリット

プランが煩雑で分かりづらく、契約解除料も高額

僕は最初からサブ用としてデータSIM専用のプランを利用すると決めていたのですが、
音声通話用SIMに関してはいろんなプランや制約があってわかりづらいと感じました。
音声プランだけで、通常のプランとスーパーホーダイと分かれていて、
楽天のダイヤモンド会員と通常会員では若干値段も異なっていたりと、
初めての格安SIMの利用にはやや不親切です。

 

また契約解除料も9,800円(税抜)と高額で、
契約時にどんなキャンペーンが適用されていたか、
契約時の最低利用期間がいつまでなのかで変わり、最大3年間拘束されることになります。

 

ここではあまり関係ないんだけど、
月々の料金とかを確認するページがバナー広告だらけで非常にわかりづらいです。

 

回線スピードが遅く、通信状況もあまり良くない

f:id:ha-zi:20190820102712j:plain

あまりに遅いので速度をSPEEDTESTで測ってみたら、
ダウンロード2.59Mbpsでした。
遅いよそりゃ…。

 

とにかくつながらないです。
Youtubeなんて見れたモンじゃありません。
NETFLIXhuluもキツいです。
普通のネットサーフィンですらストレスを感じるレベルです。

 

通信量も問題ないですし、
電源の入れ直しや端末のキャッシュのクリアやメモリの開放、
なんなら、オールリセットまで試しましたが全然です。

 

楽天モバイルを解約した理由

ジムで使う為に契約したのに、
NETFLIXhuluもストリーミング再生でまともに観れなかったので、
半年だけ使って速攻SIMカード返却しました。

 

今はドコモの回線を借りて運営をしている楽天モバイルですが、
今年末から自社設備で順次行っていくらしいです。
今よりも繋がりづらくなりそうな予感がします。
あと3、4年は様子を見ておいた方がよいかもしれません。

 

楽天モバイルは、今僕が一番おすすめしたくない格安SIMのひとつです。

 

 

mineo(マイネオ)

f:id:ha-zi:20190818231826j:plain

使用期間:2018年8月~継続中
使用機種:galaxy note 8

 

mineo(マイネオ)は楽天モバイルと同時期に契約しました。
auのgalaxy note 8を使用していたのですが、
それほどauを使っていない(基本的には親とのやりとりにしか使っていない)にも関わらず9,000円近く(スーパーカケホ+データ定額3GB+端末分割代金)かかっていたので、何かバカバカしいなと思い、
auでは今はガラケーを使用しています。

で、空いたgalaxy note 8にmineo(マイネオ)のSIMをさして使っています。

 

mineo(マイネオ)使用時の毎月の料金 

内容・内訳 金額

Aプラン(au回線)データSIM(3GB)

¥972-
合計 ¥972-

※表示は2019年7月利用分の税込価格です。

 

mineo(マイネオ)のメリット

シンプルな料金体系でわかりやすく癖がない

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線と3つの回線を借りて運営しているmineo(マイネオ)は、
自分でどの回線を利用するか決めることができ、
どの回線によって若干値段の変動がありますが、
それ以外は基本的に、●●GB=○○円というしくみなので、癖がなくてわかりやすいシンプルな料金プランです。

 

通信速度も決して悪くない

f:id:ha-zi:20190820105423j:plain

僕が使っているのはau回線なので、ほかはちょっとわからないのですが、
通信速度はとても良く、約65.6Mbps出てます。
アップロードだけ3Mbpsと弱いのがちょっと微妙ですが、
それでも普通のauと何も変わりはなく使えています。

 

最低利用期間がない

上で書いたDMMモバイルや楽天モバイルには、
最低1年~3年の最低利用期間がありそれ以内の解約は9,000~9,800円と高額な契約解除料が発生しますが、
mineo(マイネオ)にはそれが全くありません。
(ただし、契約後1年以内にMNPで他社に移管する場合はMNP手数料とは別で解除料9,500円が発生します。)

 

格安SIMってどんなモンなんだろうという、
格安SIM初心者の入門用としてとても使い勝手の良い格安SIMです。

 

 

mineo(マイネオ)のデメリット

現在も使っていて、全く不自由に感じたことはないんだけど、
一応無理矢理絞り出して、デメリットを書いてみます。

 

Aプラン(au回線)は、直近3日間で6GB以上使用すると通信制限がかかる

書いてあるとおりなんですが、
直近3日間で6GB以上使用すると通信制限がかかります。
しかし、僕が今契約しているのは3GBなので、これにまずかかることがありません。
またこれはmineo(マイネオ)に限らずau回線を使用しているIIJなどの格安SIM業者全てにおいてそうなので、mineo(マイネオ)だけのデメリットとは言い難い。

 

mineo(マイネオ)には、20GBや30GBといった大容量のプランが用意されているので、
au回線の大容量のプランを検討している人は注意が必要かもしれません。

 

デビットカードは原則使えない

公式サイトでもデビットカードは使えない場合があるとは記載しているのですが、一応使えるっぽいです。

 

ただし、楽天銀行VISAデビットでの契約はダメっぽいです。
審査が通りません。

 

でもなぜかジャパンネット銀行のVISAデビットで契約したらそれは通りました。
その後支払い方法を楽天銀行VISAデビットに変更したらそれも通りました。

 

何かよくわかりません。笑

 

 

ワイモバイル

f:id:ha-zi:20190818231908g:plain

使用期間:2011年7月(WILLCOM)~継続中
使用機種:BAUM WX341K→WX10K DIGNO DUAL 2→AQUOS CRYSTAL→android one 507SH→iPhone 6s

 

もともとウィルコムを使っていましたが、
ウィルコムとイーモバイルが合併してワイモバイルになりました。
ウィルコムは通話専用で持っていましたが、
ワイモバイルになってから、こっちをメインで使うようになりました。
上で紹介した格安SIMほどは安くはないものの、
ソフトバンクと同じ程度の回線品質があり、
速度も速く、つながりづらさを感じたことはありません

 

ワイモバイル使用時の毎月の料金 

内容・内訳 金額
スマホプランM(3GB・10分以内の通話無料) ¥3,980-
おうち割 光セット(A) ▲¥700-
故障安心パックプラス ¥690-
データ増量オプション(+6GB) ¥500-
データ増量オプション割引(+6GB) ▲¥500-
分割支払金/賦払金 ¥3,780-
月額割引 ▲¥1,296-
ユニバーサルサービス料 ¥2-
合計 ¥6,972-

(別途毎月通話料がいくらか発生してますが10分以内の通話で済んでいるのでほとんどかかったことがありません。)
※表示は2019年7月利用分の税込価格です。

 

ワイモバイルのメリット

シンプルな料金体系、すべてのプランに10分間国内通話無料

f:id:ha-zi:20190820144848p:plain

ワイモバイルのプランはS(1GB)、M(3GB)、L(7GB)の3つだけで非常にシンプルです。
新規契約から2年間は通信量が増量しになり、S(3GB)、M(9GB)、L(21GB)になります。
2年後はデータ増量オプション料金(500円/月)を契約することで、そのままの通信量で継続できます。

 

また、他の格安SIMだと別途有料オプションになることが多い無料通話オプションが、
ワイモバイルの場合はすべてのプランに標準で付いているので、
ちょっとした通話をする機会が多い方にはおすすめです。

 

ソフトバンク回線で通信速度も快適

f:id:ha-zi:20190820144733j:plain

ドコモやauの回線を借りて運営している他の格安SIM業者とは異なり、
ワイモバイルの前身であるイーモバイルやウィルコムなど自社の回線を有効活用し、
さらにソフトバンク回線も使用しているため、
かなり安定した快適な高速通信が可能で、使用感はソフトバンクと大差はありません

 

 iPhone6sやiPhone7などの人気機種が大手キャリアよりも安く分割購入可能

f:id:ha-zi:20190820151211j:plain

まだまだ現役のiPhone6sや7が大手キャリアよりも安く購入でき、
分割購入も可能です。分割手数料は発生しません。
iPhoneX以降ホームボタンや、指紋認証(Touch ID)がなくなってしまったので、
旧型のiPhoneが欲しい僕みたいな人にはおすすめです。

 

キャリア決済対応

f:id:ha-zi:20190820153151g:plain

僕はほとんど使わないのですが、
ワイモバイルにはキャリア決済機能である「ワイモバイルまとめて支払い」が使えます。


google playなどでダウンロードしたスマホゲームの料金や、
音楽、動画などの商品購入やサブスクリプションサービスの代金を支払う場合などに利用が可能です。
サービスによっては「キャリア決済」のみの場合があるので、いざというときはありがたい機能だと思います。

 

 

ワイモバイルショップが全国各地にあるので困ったときにも安心

f:id:ha-zi:20190820152116j:plain

もともとウィルコムショップや、イーモバイルショップとして展開していた店舗が、
現在はワイモバイルショップとして運営されています。
比較的主要な駅にはワイモバイルショップやソフトバンクショップと併設されていたりするので、
新規契約、機種変更はもちろん、
プランの変更や故障時などの困ったときには実店舗で相談できます。

 

Yahoo! プレミアム会員費が無料、エンジョイパック加入でさらにお得!!

f:id:ha-zi:20190820154005j:plain

通常毎月462円発生するYahoo!プレミアム会員費が、
ワイモバイルの方は、契約し続けている限りずっと無料で利用できます。

 

Yahoo!ショッピングのポイントが5倍になるなどのサービスです。

 

 

f:id:ha-zi:20190820153616p:plain

毎月500円かかりますが、「Enjoyパック」に加入すると、
Yahoo!ショッピング500円分のクーポン、ポイント最大12倍、500MB分の通信量増量と、毎月Yahoo!ショッピングで何かしらの商品を購入している人であれば元の取れるサービスなので、
普段からYahoo!ショッピングを利用する方であれば「Enjoyパック」の加入をおすすめします。

 

LINEの年齢認証対応

f:id:ha-zi:20190820154847j:plain

LINEの年齢認証を行わないとID検索機能が使えないのですが、
格安SIMにはこの年齢認証が対応していないことが多いです。

 

ワイモバイルはMY Softbank認証を通じて、年齢認証が可能なので、
LINE利用に支障がありません。

 

 

ワイモバイルのデメリット

2年縛りがある

大手キャリアと同様に2年縛りがあります。
更新月以外の契約解除には9,500円(税抜)が発生します。

機種のラインナップがやや乏しく値段も高め

andorid oneなどの比較的ミドルスペックの機種が多く、
スマホのヘビーユーザーにはやや物足りない機種が並んでいます。

 

直近で発売された機種では、
他の格安SIM業者でも取り扱いのあるHUAWEIのP30 liteがありますが、
ワイモバイルはやや割高。
(ただしちゃんと2年使えば安い方です。)

 

 

 

まとめ

僕が今でも継続して使用していて、
かつおすすめする格安SIMは、
ワイモバイルmineo(マイネオ)です。

 

日本には格安SIMを提供している業者が全部で800社近くあるらしいので、
探せばもっと自分にあった会社があるんだと思うんですけど、
僕は今の所これで満足です。

 

今の所使ったことがないのでなんとも言えないのですが、
もしほかに契約をするならば、IIJmioは興味ありますね。

 

クレジットカードやデビットカードを持っていて、
特にハイスペック命なアンドロイドユーザーでもなく、
キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)にこだわりがない限りは格安SIMはとっても良いですよ。

 

>>> ワイモバイル

>>> mineo(マイネオ)

 

mineo(マイネオ)を契約するならmineo SIMエントリーパッケージがおすすめ

mineoの公式サイトでそのまま契約すると初回事務手数料が発生しますが、
Amazonでは、契約事務手数料3000円が無料になるお得なエントリーコードが記載されたmineoエントリーパッケージが販売されています

 

少々手間は発生しますが、
実質初回事務手数料400円以下で契約できるので、
直接公式サイトに行く前に、Amazonで購入してからの契約がおすすめです。

 

僕も最初にAmazonで購入してからmineoのサイトに行って契約しました。

 

f:id:ha-zi:20190829164923j:plain

>>mineoエントリーパッケージ

 

今日もここまで読んでいただいてありがとうございます٩(๑´3`๑)۶