パンドラの箱の中には…

2019年11月HIVの感染が発覚してからの日々を綴った38歳のゲイブログ

【服薬431日目・HIV522日目】自立支援医療受給者証(更生医療)の更新2021年・前編

\ツンツンしてもらえると嬉しいです。応援よろしくお願いします(^o^)/

パンドラの箱の中には… - にほんブログ村 パンドラの箱の中には… - 人気ブログランキング

この記事をシェアする

\ Follow me!! /

服薬431日目・HIV522日目

 

会社の養老保険を加入するんだか、
今のところから別のところに乗り換えるんだか、
ちょっとわからないんだけど、
とりあえず僕の場合はHIVの為に他の社員と同じ養老保険に加入できなかったHAZI(@hazi_57)です。
本日もご愁傷様です。

 

ってなわけで自分1人だけ、別の保険会社に加入することになりました。
ちなみに明治安田生命の「年金かけはし」です。

 

実は全く同じ保険を個人的に3年前から加入してて毎月払い込んでいるんだけど、
それとは別で会社が退職金の為に積み立ててくれるという感じみたいです。

 

自分が支払うものは特に何もなく、
会社的には普通に銀行で積み立てるよりも養老保険に加入させて積み立てる方が節税になって良いらしい。

 

なるほどね。
起業するときの参考にします。
…今のところ予定はないけど。笑

 

ただ、自分がHIV陽性者であるがために、
他の従業員が加入する保険会社の担当と、
自分用の保険会社の担当と、
うちの経理担当が2人と別々のやりとりすることになるので、
手間を煩わせてしまっています。

 

何かもう、
自分がここに居るだけで誰かに迷惑をかけてしまっているような自己嫌悪。

 

毎回自分だけHIV起因による別の事務対応が出てくるときは、
「あーそうだったね。自分障害者だったね。」って
思い出してしまって少しおセンチになります。

 

まぁ、そんなこと言っても仕方ない。
そんなちっちゃな事でいちいち凹んでいる場合ではない。

 

今年も生きる為にこの季節がやってきた。
「自立支援医療受給者証(更生医療)」の更新。

 

これ、1日でさっとできる簡単な作業じゃないから地味に大変なの。
しかも、これを毎年毎年やらなきゃいけない。 

自立支援医療受給者証(更生医療)とは?

何度かこのブログで簡単に説明はさせていただいているのですが、
改めて、ここでも少し解説させてください。

 

更生医療は、身体障害者手帳を持つ18歳以上の人が、
その障害を軽減したり、悪化を防いだりするための治療を行なう場合に、
世帯の所得に応じて医療費を助成する制度で、
指定された医療機関においてのみ利用することができます。

 

HIV感染症の場合は「免疫機能障害」に該当し、
抗ウィルス治療や日和見感染症の治療が更生医療の対象となります。
なおHIVとは直接関係のない疾患(虫歯など)の治療については、更生医療に含まれません。

 

僕の場合は、AIDSを発症していないので、
基本的には服薬による抗ウィルス治療と定期的な検診になりますが、
抗HIV薬だけで30日分定価約23万円(3割負担の健康保険の上限を適用しても約8万円)という高額な費用がかかり、
普通のサラリーマンではとても捻出できないので、
更生医療を受けさせていただいてます。

 

そのおかげで、3ヶ月に1回の診察と90日分の薬を処方してもらって1回1万円という自己負担で、金銭的に大きな負担なく治療を継続することができています。

 

なお、僕の場合は1万円ですが、
この自己負担額は所得によって異なります。

 

f:id:ha-zi:20210424164256j:plain

生活保護を受けている場合は0円、
年間収入が800,000円以下の市町村民税非課税世帯は2,500円、
年間収入が800,001円以上の市町村民税非課税~33,000円未満は5000円、
年間の市町村民税が33,000円~235,000円未満は10,000円、
それ以上市町村民税を納税している場合は20,000円です。

 

だいたいになりますが、
約600万円の収入がある人が払う市町村民税が235,000円くらいだったと認識してます。
それくらいの稼ぎがあるHIV陽性者の方は1回の診察における自己負担額が2万円だと思います。
年収600万ってすごいっすよね。
僕はそんな稼いでないので、医療費の自己負担は1回につき1万円です。
あー収入がバレるー。

 

更生医療を受ける人はこんな感じの受給者証を受け取ることになります。

f:id:ha-zi:20210424164108j:plain

 


普段は上記の画像のように1/3に折ってますが、
広げるとこんな感じになります。

f:id:ha-zi:20210426224156j:plain

自立支援受給者証(更生医療)表面

f:id:ha-zi:20210424164004j:plain

自立支援受給者証(更生医療)裏面

表面の中央にありますが、
自立支援受給者証には有効期限があります。

 

HIVは完治できないので、死ぬまで一生投薬をすることになるのですが、
それでも有効期限があり、しかも1年間しかないので、
毎年更新をしなければなりません。

 

 

4月20日頃に更新の通知が届きました

更新の時期になると通知書が届きます。
通知書の中には以下の物が同封されています。

 

  • 返信用封筒
  • 自立支援医療(更生医療)更新手続きについてのお知らせ
  • 自立支援医療費(更生医療)支給認定申請書
  • 自立支援医療費(更生医療)支給要否意見書
  • 自立支援医療費(更生医療)見積り明細書

 

■色の書類は全て自分で作成するもの。
■色の書類は病院の方に提出して医師に書いていただくものです。

 

自分で書く支給認定申請書と、
医師に書いていただく、支給要否意見書見積り明細書
そして、表裏両面の保険証のコピーを用意して、
これらを全て返信用封筒に入れて郵送します。

 

書類1:自立支援医療(更生医療)更新手続きについてのお知らせ

f:id:ha-zi:20210424162656j:plain

医師に書いてもらう書類は概ね4週間かかります。
この通知は4月20日届いているというのに、
意外と提出期限がタイトです。汗

 

 

書類2:自立支援医療(更生医療)支給認定申請書

f:id:ha-zi:20210424162710j:plain

これ上部はほぼ自分で書きます。
最初はこんなに色々書かなければいけないの!?と怖じ気づきます。

 

一応以下のように記入例の書類も同封してくれているので、
一応これを見ればなんとなくわかるようにはなっていますが、
記入はめちゃめちゃ大変で、いつも吐血する思いです。笑

f:id:ha-zi:20210424162659j:plain

 

書面中央に「該当する所得区分」があります。

 

f:id:ha-zi:20210426225835j:plain

「該当する所得区分」の欄

この該当する所得区分の欄が、上の方で説明した自己負担額の部分、
該当するところに○をつけることになります。

 

生活保護を受けている場合は0円 → 生保
年間収入が800,000円以下の市町村民税非課税世帯は2,500円 → 低1
年間収入が800,001円以上の市町村民税非課税~33,000円未満は5000円 → 低2中間1
年間の市町村民税が33,000円~235,000円未満は10,000円 → 中間2
それ以上市町村民税を納税している場合は20,000円です → 一定以上

 

僕の場合は中間2に○をします。

 

 

書類3・4:自立支援医療(更生医療)支給要否意見書・見積り明細書

以下2点の書類は病院にそのまま提出する書類です。

f:id:ha-zi:20210424164006j:plain

自立支援医療(更生医療)支給要否意見書

f:id:ha-zi:20210424164010j:plain

自立支援医療(更生医療)見積り明細書

 

基本的には病院の医師に書いてもらう書類なのですが、
僕が通っている病院では、
赤字で囲っているところは、予め自分で書いておかないと、
書類作成の担当者にめちゃめちゃ怒られます。怖いです。
だから今の病院嫌いです。

 

 

一通り書類を自分で揃えたら、
医師に書類を書いてもらうために病院に行きます。

 

次回の通院は6月なのですが、
期限が6月4日になっているので間に合いません…。

 

ってことで、別に通院でもなんでもないけど、
これを後日病院に持っていきます。

 

 

次回、中編でまた書きます。
本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

www.hazi.me