パンドラの箱の中には…

2019年11月HIVの感染が発覚してからの日々を綴った37歳のゲイブログ

花粉症を我慢しないで素直に診察を受けるべきだった

\ツンツンしてもらえると嬉しいです。応援よろしくお願いします(^o^)/

パンドラの箱の中には… - にほんブログ村 パンドラの箱の中には… - 人気ブログランキング

この記事をシェアする

\ Follow me!! /

服薬393日目・HIV485日目

 

花粉症の人間にお花見のお誘いは拷問です。
HAZI(@hazi_57)です。今日もおつかれさまです。

 

2月下旬から花粉症がやばいです。
でもずっと市販薬で我慢してました。
去年以外、ほぼ毎年花粉症なので、
いつもかかりつけの医院で花粉症の薬を頂いてました。

 

今年もお願いしようと思って、
電話で事前に確認したんですけど、
またHIV陽性者で有ることを理由に断られてしまいました。
ただの花粉症だし、血を抜いたり感染リスクがある診療をするわけじゃないので、
バカ正直に話す自分がいけなかったのかもしれないですけど、
まぁ、普通に凹みます。正直凹んでます。

 

これ以上凹みたくなかったので、
先日HIVの診察の際に担当医に相談したら、
花粉症の薬も一緒に処方していただいたのですが、
全然効かなかった…。

市販薬で我慢をしていた

f:id:ha-zi:20210319232351j:plain

僕はHIV陽性者なので、障害者手帳が発行されているんですが、
等級が3級で所得も低いので、
マル障受給者証というものも一緒に発行していただいてます。

 

通常病院で診察してもらう時や薬をもらう時、
健康保険証を提出して、実際にかかった医療費の3割を負担をしますが、
マル証受給者証取得者は、その医療費が1割だけ負担します。

 

HIV感染症に付随する症状の治療の時にだけ使わせてもらおうと思っていたのですが、
基本的にはHIV陽性者であることを電話で確認した段階でだいたいが診療拒否してきました。
逆に電話連絡をしたり紹介で診てくれてる医院は、
僕がHIV陽性者で有ることを知った上で診察を受け入れてくださるので、
保険証の提出の際に受付の方からマル障受給者証の有無を聞いてくれます。
なので、結局マル証受給者証も必ず出すことになり医療費が1割負担になります。

 

花粉症って、別にHIV関係ないし、
ほぼ誰もがなる症状なのに、他の人は3割負担で、
自分は1割なのがちょっと心苦しくて最初は市販薬に頼ってました。

 

でも喉が渇くだけで全然効かなかったです。

 

オロパタジンも効かない

f:id:ha-zi:20210311223054j:plain

去年の同じ時期、皮膚炎に悩まされ、
そのかゆみ止めとしてオロパタジンという薬を服用していました。

 

かゆみ止めとして飲んでいましたが、
鼻炎薬としても効果のある薬ということで、
先日HIVの通院の際に担当医から、
「去年飲んでいた薬と同じ薬をうちからも出せますよ」と言ってくださり、
しばらくはこれを飲んでいたのですが、
全然これも効かなかったです…。

 

去年は花粉症になっていないのですが、
それはもしかしたらワンチャン、このオロパタジンを飲んでいたから説だと思っていたのですが、
どうやらそうではなさそうです。
ただたんにHIV感染症の急性症状直後で免疫力がなくてアレルギー反応が起こらなかった説の方が濃厚ですね。

 

またこの薬を飲みだしてから、
胃に違和感が出るようになりました。
体の硬い人が無理に柔軟をすると腹部とか攣りそうになると思うんですけど、
あれと同じような感覚がずっと胃にある感じです。
よくよく思い出すと、このような胃の感じ、
去年もありました。

 

結局、かかりつけのクリニックへ

去年、皮膚炎でお世話になったクリニックに行きました。
内科・皮膚科を診てくれるクリニックなんですが、
もともと臨床検査医でHIVに関しても詳しいとても心強い先生です。
花粉症に関しても診てくださいました。

 

市販薬もオロバタジンも効かない事を相談すると、
また別に薬と点眼薬、点鼻薬を処方していただくことができました。

 

f:id:ha-zi:20210319235250j:plain

f:id:ha-zi:20210319235318j:plain

f:id:ha-zi:20210319235336j:plain

アレルギーを抑える薬として、「レボセチリジン塩酸塩錠(武田テバ)」
なんか名前だけ見ると塩塩してますね。笑
同じく、アレルギーを抑える薬の「サクロルチン配合錠」。

 

f:id:ha-zi:20210319235333j:plain

オロパタジンで胃に違和感が出るのを受け、
胃腸薬の「ファモチジン錠」もいただきました。

 

f:id:ha-zi:20210319235322j:plain

点鼻薬の「アラミスト点鼻薬」

 

f:id:ha-zi:20210319235329j:plain

点眼薬の「アレジオン点眼液」。
アレジオンって市販の飲み薬であるけど、点眼薬もあるんですね。

 

f:id:ha-zi:20210319235325j:plain

「アレジオン点眼液」を使っても、どうしても目が痒くて限界なときにだけ1日1回だけ使いましょうと言われた「フルオロメトロン点眼薬」。

 

おそらくほとんどジェネリック薬だと思います。
先生の方から率先してジェネリックで用意してくれるので、
薬局で「ジェネリックでお願いします。」と言いづらい自分にとって、
とてもありがたいです。
なんで言いづらいのかはよくわかんないですけど、なんか言いづらくて…。

 

f:id:ha-zi:20210320000222j:plain

ジェネリックとは言えど、薬代は11,180円。
普通に3割負担なら3,360円かかるものを1,120円。

 

f:id:ha-zi:20210320000218j:plain

クリニックの診察においては、
普通の人なら1,740円かかる診察も、580円。

 

障害者手帳3級でかつ所得が低いが故に受けさせてもらっている1割負担の、
ありがたさとうしろめたさ。
この感覚、大切にしなきゃいけないなと感じています。

 

花粉症を我慢しないで素直に診察を受けるべきだった

いただいた飲み薬は全部1日1回、
就寝前に飲むだけの薬だったので、
「え?これほんとにそれだけで効くの?」と半信半疑でしたが、
今、ばっちり効いてます。
それほど眠くなりにくいし、喉も渇かないし、
鼻水も鼻詰まりも全然ないです。

 

仕事きっちりはかどってます。

 

花粉症が辛くて何も手がつかなかったのに、
マル証受給者証を提出するのに躊躇してしまったがゆえに、
3週間くらい時間を無駄にしてしまいました。

 

よくよく考えると、
障害者手帳とマル証受給者証を頂いて、
健康的に長く生きられる権利とチャンスを与えられているのに、
それを躊躇するって本末転倒でしたね。 

 

なんか、アホなことしてました。

 

今のところ花粉症もなく元気なので、
明日、明後日くらいは近所をふらふら歩いて、
春を見つけたいところです。