パンドラの箱の中には…

2019年11月HIVの感染が発覚してからの日々を綴った37歳のゲイブログ

ゴーゴーボーイ体験記 2nd SEASON(後編)

\ツンツンしてもらえると嬉しいです。応援よろしくお願いします(^o^)/

パンドラの箱の中には… - にほんブログ村 パンドラの箱の中には… - 人気ブログランキング

この記事をシェアする

\ Follow me!! /

本記事は下記の後編です↓↓↓

 

www.hazi.me

 

…が多分、前編と全然繋がりはないので、
後編からでも読めるかと思います。
今回ちょっとエロ要素多めなので悪しからずご容赦ください。

パタヤ1日目・ホテルに到着

タクシーで1時間近くかけて、パタヤに到着。
今回宿泊するホテルは、メイタラホテルってところです。

 

今までは結構ホテルっぽいホテルだったのですが、
ここはなんかホテルって感じが全然しなかったです。

 

f:id:ha-zi:20200919131134j:plain外観は飲食店みたいです。
実際に右側の方は飲食店にもなってるんですけど。

 

f:id:ha-zi:20200919131305j:plain

f:id:ha-zi:20200919131344j:plain

部屋の中は結構普通の部屋かと思いきや、

f:id:ha-zi:20200919131605j:plain

ヘッド周りは結構オリエンタルな感じ。
今日はこの上でタイボーイに抱かれまーす。いちゃいちゃしまーす。

 

あ、あと画像の奥に見えてますが、バルコニーを開けるとすぐプールがあって泳げます。

f:id:ha-zi:20200919131723j:plain

ちょっとだけ入ったのですが、蚊が多かったのですぐ上がってしまいました。笑

 

その後、少し歩いて、セントラルフェスティバルに行きました。

 

f:id:ha-zi:20200919140141j:plain

www.hazi.me

1回目の旅行でカルチャーショックで泣いた時に、
励ましてくれたタイボーイが、
当時働いてたゴーゴーのお店を離れて、
ここでショップの店員をしてるようなので友達の付き添いに行きました。

友達と2人きりにして、自分はトイレに行ったのですが、
トイレにコンドームが売ってたのです。
今夜えっちすると思うので折角なので、買いました。笑

 

それにしても港町のパタヤの湿度が結構エグいです…。

f:id:ha-zi:20200919132141j:plain

髪ボサボサのパサパサになるし、
歯茎は出るし大変です…。

 

折角タイボーイに会うというのに、
もう見た目とか色々諦めました。
あ、でもお尻だけはちゃんと洗った。笑

 

タイボーイとの夜・2nd

この頃、東京は大雪が降って積もったらしいです。
そしてSMAP解散のニュースがパタヤでも流れましたが、
こっちは南国です。

f:id:ha-zi:20200919132730j:plain

昨日会った友達のお気に入りのタイボーイは辞めてバンコクに住みましたが、
自分のお気に入りのタイボーイは、3ヶ月前と変わらずTOY BOYで働いてました。

 

相変わらずかわいいです。
顔は、みどりのマキバオーと片平なぎさを足して2で割った後に幼くしたような童顔で、
ぶっちゃけ自分のタイプの顔ではないんだけれど、
とにかく愛嬌があってかわいいのです。

 

友達は同じ店に居たガッチリしたイケメンボーイを連れて帰りました。
前回もお世話になったセントラルパークの獏さんところへ行き、
みんなで日本の居酒屋メニューを頂きました。


そこで、クラブの話になって、
前回パタヤに遊びに来た際に行きたかったクラブがあったのですが、
ちょっと自分が色々前回はヘタレで行くことができなかったのです。
今回は行けたらいいなーと思い、
パタヤの大きなクラブのNUBに行きたいと言ったのですが、
友達が指名した子が急に不機嫌になって「帰る」と言い出したのです。
細かく聞いてみると、こじれて別れた元彼が働いている場所なので、
そこに遊びにいくならは指名料は要らないから帰りたいってことらしいです。

 

僕は行けたら行きたいくらいの感じで、どうしてもってわけでもなかったので、
友達が指名した子を尊重して、今日はそのままホテルに戻りました。

 

…でも、本当はちょっとうれしいよね。
ここからはふたりっきりの空間です。
まぁ、ぶっちゃけあんまり何言ってるのか変わらないけど。笑
比較的彼は日本の中学校で学ぶ英語は理解できるみたいで、
ヘタに英語を頑張るよりも単語単語で説明をするとだいたい分かってくれます。

 

部屋の中で再会のキスをした後、
まだ夜は長かったので、一旦外に出てホテルの入り口のお店でビールを一緒に飲みました。

 

今日パタヤに来る前にバンコクのMBKで買ったGALAXY NOTE 5が気になっているようです。
彼もスマホは持ってましたが、GALAXYのブランドではないSAMSUNGの機種でした。

 

Are you type it?
(それ(GALAXY NOTE 5)気になるの?)

Everyone likes
(みんな大好きだよ。)

Which iPhone or GALAXY
(iPhoneかGALAXYなら?)

GALAXY

SONY XPERIA?
(ソニのエクスペリアは?)

unnnnnnn
(うーん)

XPERIA is waterproof.
(防水だよ?)

unnnnnnn.No type.
(うーん。興味ない。)

 

タイの子たちが一番好きなメーカーはGALAXYらしく、
なぜか日本と違いiPhoneはそれほど興味を持っていないようです。

日本のXPERIAは興味ないですって。頑張れソニー。

 

True Move?

Yes. Are you?
(そうだよ。君は?)

AIS

AIS the best carrier in Thai?
(タイだとAISが一番良い携帯電話会社?)

Yes.
(うん。)

True Move?
(True Moveは?)

soso
(まぁまぁ)

dtac?
(dtacは?)

No no no no no no
(ダメダメダメダメダメダメダメ…)

 

タイでは AIS > True Move >>>>>>> dtac って位置づけなんでしょうね。

一昔前の日本で言うと docomo > au >>>>>>> softbank って感じなんでしょう。
ついでにタイ語になっていてわからなかったGALAXY NOTE 5の言語を英語にしてもらいました。

 

TOYBOYでもビールを飲んで、ここでもビールを2本飲んでいい感じに酔っ払ってきたので部屋に戻ってきた。
ソファーに座って手をつないでキスをしてくる。
意識が飛びそうなとても優しいキス。
ほんの数分前までケータイの話をしてたんだよ。
すぐにいい雰囲気を作ってくれる。

 

唇が疲れるくらいキスをしてたら、
僕の手を彼が引いてベッドを誘ってきた。
いよいよ、僕がすり鉢になる出番です。

 

最近、どこかのゲイビデオメーカーが、
パタヤのゴーゴーボーイをモデルにしたDVDを出してて、
ちょっとだけ見たことあるけど、
チ●コの大きさがあんなのと比較にならない。

 

前回も見てるしヤってるし、
今回は2回目なんだし大丈夫かなって思ったけど、
やっぱりいざ目の前にすると怖気づく大きさ。
相変わらず、ものすごーく綺麗で曲がってもないし反ってもない真っ直ぐなチ●コ。
22歳にイラマチオされてえずく33歳のおっさん。
それでも彼の口から静かに漏れる薄い吐息の音に自分の下半身も反応してしまう。

 

僕の足を広げて挿入のポーズをとってきたので、
日中、セントラルフェスティバルのトイレで買ったコンドームを彼に付けてあげた。
ついに来た挿入の瞬間、でもやっぱりデカくて硬さて入らない。
限りなく力を抜いて深呼吸をして、彼のすりこぎ棒が少しだけ萎えかけた瞬間になんとか1/3が入った。
何度もslowlyとお願いするのだが、

マイペンライ マイペンライ

と言って奥に押し込もうとする。
奥に押し込まれながら、どんどんまた硬く膨張していくのがお尻でわかる。
まくらを噛んでいないとこの痛苦しさに耐えられない。

 

彼のすりこぎ棒が全部入り高速で腰を前後に動かしてくる。
日本語で表せないような異音を口に出してたと思う。
痛いのか気持ちいいのかわからない。
でも、痛そうに見えたのかそんな顔をした自分に、

マイペンライ マイペンライ

とローションの付いていない左手で頭をなでながら舌を入れてキスをしてくる。
さらに日本語で表現できない異音が口から天井に登り部屋に反響する。

 

途中で気がついた。
もしかしたらセントラルフェスティバルのコンドームが合っていないのかも…。
ローションが乾いてきてこすれるようなヒリヒリを感じてきたので、
ローションを付け足したいのだけれど、
なんて説明をしたらよいのかわからない。

 

ピストンの途中で止めてもらい、
身振り手振りで彼にジェスチャーした。

OK

なんとか一旦抜いてもらえた。
ローションのボトルを手に取ってくれたので、
伝わってよかったぁーなんて思ってたのに、
コンドームを外してローションを付けてる。

 

あ、まさか。

 

そのまさか。
生挿入。

 

違う。そうじゃない。
どうしていいのかかわらず、身振りで伝えようとするけど、

マイペンライ マイペンライ

と言って生チンでガンガンピストンしてくる。
困ったけれど、さっきよりも気持ちよさそうにしている彼を見て、
なんだか止めるのも申し訳なくなってきて体を任させることにした。

 

正直、自分も気持ちよかった。
クズ野郎な事を言ってしまうけど、やっぱり生って気持ちいい。

 

彼の竿の温度がどんどんと直腸に伝わってくる。

 

息遣いが荒くなり先程以上に高速で腰を動かすと
彼の額に汗が滲み自分の顔に垂れてくる。
目に入って来てまぶたを閉じると、
乱暴に唇を押し付けて舌を絡ませてくる。もう壊れそうだ。
そう思った時、童顔の彼が顔に似合わない雄叫びを上げて体の動きが止まる。

 

中出しされてしまった。
あぁ… 風俗を商売にしてる一番中出しされちゃいけない人に、
中出しを許してしまった…。

 

…のに、自分はそれに興奮する変態だった。
後悔とは裏腹にムクムクと自分の息子がスタンドアップしてる。

 

Are you coming?

not yet

射精したはずなのにまた腰をふってきて、
自分の棒をしごき出した。

 

手コキのくちゅくちゅ音や、
後ろからもなるくちゅくちゅ音、
中出しされてしまった後悔と興奮であっさりと自分もイってしまった。

 

正常位のまま竿を抜かずに僕の方に倒れ込んで彼の肌とその汗を上半身全てで受け止めてた。
僕も彼もびっちゃびちゃだけど、ずっと頭をなでて優しいキスをしてくれる。
本当は早くトイレに行かなきゃと思ってたけど、
そのまま彼の背中に手をあてて、しばらくそのまま動けなかった。

 

僕は元々ヤることをヤるとすぐシャワーを浴びて、
さっさと服を着ちゃうようなサバサバした奴だったけど、
今この感じがとても気持ちいい。
自分には贅沢すぎる時間だった。

 

一緒にシャワールームに行く。
彼が体を浴びている間に自分はトイレでけつの中の種を出した。
あまりにもたくさん出た感覚がしたので、
お腹を下したのかと思ったけど違かった。
水一面、上の方にほぼほぼ白いザー●ンが浮いて便器の底が見えない。

 

病気とかまずいなって思ったけど、
この先の人生、22歳に中出しされることなんてそうそうないと思うのでもう開き直った。
でも、次は気をつけなきゃ。

 

タイボーイとの夜・3rd

次の日も夜は彼と会う約束をして、
その日は日中友達とジョムティエンビーチに行ってきました。
とりあえず行ってきただけでこれといったイベントはなかったので、
ここでは割愛します。すいません。

 

そこで友達と小さなことで口喧嘩をしてしまいました。
それに対して自分もイライラしてしまって、
友達が仲直りをしようと屋台で買ったパイナップルを一緒に食べようと誘ったのですが、
それも断ってしまいさらに険悪な感じになってしまいました。
でもこれが後に功を成します。
僕は神に愛されているのです。

 

自分のイライラも夜になるとまたタイボーイに会える喜びで冷めて行き、
再びTOY BOYに足を運びました。
その30分後くらいに彼もお店に到着。
彼が来てすぐくらいの事、友達の様子がおかしかった。
体調が悪いようで折角のパタヤ最後の夜は遊べそうにないみたい。

 

TOY BOYを出てまっすぐホテルへ。
帰ってからまた昨晩と同じようにホテル入り口のお店で一緒にビールを飲んで部屋に戻りました。

 

今回の旅行最後の夜なので、
これまで以上に燃えるようなベットタイムを過ごした事は言うまでもありません。
ベッドの上にコンドームを置いておいたのですが、
とろけそうな前戯の後に、彼はすぐにローションに手を伸ばしそのまま生挿入。
昨日貫通して後ろもかなりほぐされたし、生なのでやっぱり気持ちいいです。
快楽に負けてしまいました。でも同時にイけて幸せです。

 

しばらくイチャイチャしたあとで、また一緒にシャワールームへ。
昨日と同じ、彼が体を洗っている間に自分はトイレでけつの中の種を出した。
またあまりにもたくさん出た感覚がしたので、
今日もたくさんに中に出してくれたんだと思ったけど違かった。

 

便器の水が真っ赤で底が見えない…。
全部血。
火曜サスペンス劇場そのもの。
おそらく彼のすりこぎ棒も真っ赤だったんだと思う。
申し訳ない気持ちでいっぱい。

 

今日は最後だからと彼がセルフィーを撮ろうとスマホを持って声をかけてくれた。
自分も撮りたいと一緒に写真を撮った。

 

f:id:ha-zi:20200919181836j:plain

せっせせしてシャワー後に撮ったボサボサヘアーのおっさんです。
GALAXY NOTE 5ってアウトカメラは綺麗に撮れるのに、
インカメラが微妙。あ、もともとこーゆー顔だからそーゆー風に映るのか。仕方がないのか(-_-;)

 

その後に彼はもう一度シャワーに入って頭を洗ってた。
最初からこれを撮るつもりで頭は洗わないでいたんだ。笑

 

最後の別れ

翌朝、荷物をすべてまとめていつでもチェックアウトができる状態にして友達を朝食に誘った。
相変わらず体調が悪くずっと寝込んでいたので、仕方なく彼と2人で朝ごはんを食べた。

f:id:ha-zi:20200919182414j:plain

最後の晩餐ならぬ、最後の朝食。

 

1時間くらいして、そこにやっと友達もやつれた顔だったけどやってきた。
昨日、僕たちが熱い生せっせせにおぼれている中、
友達はずっと嘔吐、下痢、嘔吐、下痢を繰り返してて、
この後飛行機に乗るまでこの症状が続いてた。
飛行機に1時間程度遅れが生じていたのが幸いした。
オンタイムだったら友達は飛行機の中で大変なことになっていたであろう…。
原因はおそらく昨日屋台で買ったパイナップル。
カットしたパイナップルが袋に入っていてその下に氷が敷き詰められていたので、
その氷にあたったのだろう。
皮肉にも喧嘩したがゆえに自分は食べなかったので助かってしまった。

 

それでもちゃんと友達もいつでもチェックアウトを済ませられる準備はしていたようだったので、
朝食を食べ終えてしばらくくつろいでから、フロントに向かった。

 

部屋の確認のためしばらく5分ほど待たされていると、受付の人が「300バーツ!300バーツ!!」とせまってきた。
「シーツ!シーツ!!」と言ってくるので嫌な予感がして、
ルームナンバーを聞いたらやっぱり自分の部屋だった。
昨日の激しい夜の出血でシーツを汚してしまっていたらしい。

 

あんた、どんだけ激しいせっくすしたのよ?

恥ずかしいからこれ以上は聞かないで…

 

 

むしろシーツ代が300バーツで済むなら全然いいっす。
受付で支払いをして、
これでいよいよ本当に彼ともお別れ。

 

笑顔で手を振ってくれてたのに、だんだん我慢ができなくなってしまったのか彼が泣き出してしまった。

 

I miss you...Be with you...

 

僕は荷物を床に置いて彼をそっと抱きしめた。
胸の中で泣きじゃくる彼にどんな言葉をかけたらいいかわからなくて、頬にキスしかできなかった。

 

 

悩んだけど、この言葉が一番しっくり来た。
今日はこの言葉を僕が使う番だなって思った。

 

 

マイペンライ

 

 

友達や受付の人がみてるのも気にせず、舌を絡めてキスをした。

 

贅沢で幸せな時間だったけど、
自分には彼の気持ちが重たすぎた。
自分も会いたくなっちゃうし、
でもそんなかんたんにいける距離じゃないし金持ちでもないし、
嬉しかったけど、泣かれちゃうと自分も辛くなっちゃう。

 

だからこれで一旦タイ旅行はおしまい。
それ以来、今日までタイには行ってない。

 

でも、またいつか、
コロナが落ち着いたら行きたいなぁ。

あ、ちなみにその3ヶ月後に南新宿の無料検査を受けましたが、
その時は問題なく陰性でした。