パンドラの箱の中には…

2019年11月HIVの感染が発覚してからの日々を綴った37歳のゲイブログ

【HIV332日目・服薬239日目】金融ブラックだったけどクレジットカードが持てた

\ツンツンしてもらえると嬉しいです。応援よろしくお願いします(^o^)/

パンドラの箱の中には… - にほんブログ村 パンドラの箱の中には… - 人気ブログランキング

この記事をシェアする

\ Follow me!! /

こんにちは。HAZI(@hazi_57)です。

 

自己紹介ページの中でもサラッと書いているのですが、
僕、ちょっと若い頃にお金関係でちょっとやらかしちゃいまして、
それ以来ずっとクレジットカードを持つことができませんでした。

 

www.hazi.me

 

その間何度かクレジットカードの申し込みは試してみてるんですけど尽くダメでした。
たまに使っている銀行や携帯電話会社からクレジットカードのインビテーションのDMが来るので、
そのDMに記載されている専用URLから申込をしてみたりするんですけど、
それも全然ダメでした。
じゃあ送ってくるなよ…ミタイナ。

 

そんな底辺でクズでバカでアホでゴミで種壺でブスで足臭くて顔デカくてソチンでポジ野郎な自分ですが、
最近危ないことに、クレジットカードが持てるようになっちゃいました。
恐い恐い。汗

クレジットカードが持てるようになった理由

f:id:ha-zi:20201016133828j:plain

クレジットカード発行会社がCICなどの信用情報機関で照合して総合的に判断する事なので、
決定的な理由はわからないけれど、
心当たりがあるとすれば3つかなぁと思いました。

 

  1. 今の会社の勤続年数が6年以上になった

  2. 今住んでいる家の住居年数が7年以上になった

  3. 時効の援用から5年以上経過した

 

1.と2.に関しては、書いてあるそのままなので割愛します。
3.に関してだけちょっと掘り下げてここに書きますね。 

 

30歳の時にルームシェアに失敗して部屋を追い出された際に、
ネカフェ生活等から脱出したい人を支援するNPO法人「TOKYOチャレンジネット」に相談しました。

 

www.tokyo-challenge.net

 

その際に、借金の有無など細かく問診してくるのですが、
20歳の頃に詐欺られたり部屋を追い出されたり、
住む家がなくてハッテン場で生活してたり、
かなり荒れた生活をしていたので、
現状どうなっているのかが僕自身もよくわからない状態でした。

わかる範囲で信用情報機関に照会をかけて、
その結果をTOKYOチャレンジネットの相談員に伝えたところ、
弁護士を紹介してくれました。
その弁護士に信用情報機関から取得したデータを見せたら、
最後に返済してから5年以上経過して今すでに10年超えているので「時効の援用」をしましょうと提案され、
その会社にその権利を行使する内容証明を送付して終わりです。

 

ちなみに時効の援用とは、
「その借金はすでに時効なので私に払う義務も意思もありません」と主張する、
言い方悪いですけど、ある意味クソな権利で、
要するに借金の帳消しです。
桃太郎電鉄でいう徳政令カードみたいなモノです。
消費者金融やカード会社だと最後に返済してから(あるいは契約を交わした時から)5年、個人だと10年を超えると時効です。

 

時効の援用を行使する意思を相手に示すと、
その示された金融会社や相手は返済の催促が一切できなくなります。
また時効の援用の際に、信用情報機関から情報を消せという事を一緒に記述すると、
信用情報機関からは消えます(…たぶん)。

 

ただし憶測の話になりますが、
信用情報機関に追記した情報は5年は保管されるらしいので、
時効の援用をしたという情報もその時に保管されているんだと思います。
そこから5年程経過すると、時効の援用をしたという情報が削除されるのかもしれません。

 

最後に時効の援用を内容証明で送った時から、今年がちょうど6年くらい。
多分、その情報が消えたのかもしれません。

 

一応、法律上時効は存在しますけど、
要は借金を踏み倒しているだけなので、
当然、当時契約をしたカード会社や金融会社自体は、
その情報を保管しているはずなので、
きっと同じところで契約することはできないはずです。
やったことないのでわかりませんが…。

 

取得できたクレジットカード

今回、僕が取得できたカードは大きく2種類で楽天カード系と三井住友カード系です。

 

楽天カード(Visa)

f:id:ha-zi:20201016135225j:plain

3月に入ってから新型コロナウィルスの流行の兆しが出てきて、
ちょっとだけ今後の収入に不安を感じていました。
年齢的にもそう簡単に副業ができる歳じゃないし、
むしろこんな状況じゃ外にも出れないし、
ポジ野郎だし、どうしようと思っていた時に、
ポイントサイトのモッピーを見つけました。

pc.moppy.jp

 

当時楽天カードに入会するとモッピーのポイントと楽天ポイントと合わせて17,000ポイント還元のキャンペーンが開催されていたので、
17,000円分もらえたらいいなぁとダメもとで申し込みをしました。

 

実は今まで楽天カードは何度か申し込みをした事があるんですけど全然審査通りませんでした。
でもなぜか今回は審査が通って3月下旬頃にカードが送付され17,000円分のポイントもちゃんともらうことができました。

 

正直、ポイントが目的だったし、
普段僕は楽天市場であまりネットショッピングもしないし、
カードが送付された後も、それほど使わなかったのですが、
急な物入りの時には一応このカードでやり過ごす事ができるんだという安心感ができました。

 

僕はモッピーの経由で申し込みをしましたが、
もし楽天カードの発行に興味を持っていて、
でもポイントサイトの登録がめんどくさい場合は、
下のバナーやリンクから直接ご覧くださいませ。

 

>>>楽天カード新規入会案内ページ

 

楽天カード

 

楽天PINKカード(JCB)

f:id:ha-zi:20201016135309j:plain

楽天PINKカードは名前の通りピンクがベースカラーのカードです。
お買いものパンダが描かれたかわいいデザインを選びました。
このカードは本来女性向けのカードですが、
なぜか男の自分でも取得できてしまいました。
ホモで心は乙女だって事が楽天にバレてしまったのでしょうか。笑
通常の決済においては上で紹介した楽天カード(Visa)と何も変わりはなくポイント還元なども同じです。

 

料金明細などが確認できる楽天カード会員専用のオンラインサービス「e-NAVI」の中に今持っているカードとは別のカードを持つことができるという項目があり、
その中にJCBがあったので、そのJCB目当てで追加の申し込みをしたら審査が通ってカードをいただくことが出来ました。

 

www.hazi.me

 

お恥ずかしいのですが僕が使用しているハゲ薬は、
アイドラッグストアーというサイトで購入しています。
VISAやMasterは利用できないのですが、
JCBだけはカード決済が可能なので、
このサイトでのハゲ薬購入の為に楽天PINKカードを使用しています。
ハゲ決済用カードです。

 

Visa LINE Payクレジットカード

f:id:ha-zi:20201016135521j:plain

Visa LINE Payクレジットカードが誕生しましたみたいな案内がLINEの通知で出てきて、
これもダメもとで申し込みをしたら審査が通りました。

 

来年まで延期になってしまったけど、
TOKYO 2020 オリンピック限定デザインだったので、
正直オリンピックとかスポーツにはさほど興味はないんだけど、
自分が住んでいる都市で生きているうちにオリンピックをやるなんて、
きっとそうそう無いことだと思うから、
何かしら記念に持てたらいいなぁと思っていました。

 

クレジットカードと言えば、
カード番号の16ケタや有効期限等がエンボスになっているイメージですけど、
Visa LINE Payクレジットカードにはそのエンボスがありません。
何なら表面にカード番号すらありません。

 

インプリンターという機械にクレジットカードと伝票を挟んでカード番号や有効期限を転写して決済をするような時代があったらしいですけど、
多分そんな決済方法は今の日本にはないですよね。
なのでエンボスレスなのかもしれません。

 

ただし、エンボスを利用した決済が、南アジアやアフリカなどの発展途上国では未だに行われているようなので、その地域に行く場合にはこのカードは使えないのかも。

 

…まぁ自分は南アジアもアフリカも行くことはないので関係ないのですが。汗

 

話を戻して、Visa LINE Payクレジットカードは、
来年2021年4月まで3%とポイント高還元なので、
今は光熱費や通信費などの固定費は全てこのカードで決済しています。

 

HIVの医療費もこのカードで決済してます。
1回の診療で1万円(採血や3ヶ月分の薬代込)かかるので、
このカードで決済すれば医療費は1回実質9,700円。
今は自炊生活中なので300円あれば1日分の食費が賄えます。地味にありがたいです。

 

その他にもカード自体の機能ではありませんが、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートでの買い物が10%OFFになるチケットや、
サミット、ライフなどのスーパーマーケットでの買い物が5%OFFになるチケットを使用する為、たまにLINE Payアプリと紐付けてバーコード決済もします。

 

自分が契約したときにはなかったのですが、
たまーにモッピーにあったりなかったりします。
LINE Payユーザーであればとても使いやすい1枚です。

 

>>>Visa LINE Payクレジットカード新規入会案内ページ

 

f:id:ha-zi:20201016062303p:plain

 

Amazon Mastercard クラシック

f:id:ha-zi:20201016135656j:plain

amazonの特徴的なダンボールのデザインをあしらったメチャクソダサいカードです。
どうせならカードの材質もダンボールにすればよかったのにね。

 

Visa LINE Payクレジットカードが三井住友カード系だったので、
同じ三井住友カード系なら、
Amazonクラシックカードもイケるんじゃね?という欲が出て、
申し込んだら審査が通りました。
でもVisa LINE Payクレジットカードがあるので、全然使ってないです…。

 

しかし1回でも使わないと翌年度の年会費が1,365円かかってしまうので、
無理やり880円のボディミストをAmazonで買いました。

 

 

テキトーに選んで買ったボディミストですが、
香りがきつくなくて使いやすいので今は毎日使ってます。

 

このカードを取得したことにより僕はクレジットカード1枚もなかった人から、主要のVISA、Master、JCBと3種類のカードブランドを持てたことになりますね。

 

来年5月以降Visa LINE Payクレジットカードのポイント還元率が1%に戻ったら、
Amazonでの買い物に限り2%還元になるこのカードを使おうかなって考えています。

 

>>>Amazon Mastercard クラシック新規入会案内ページ

 

f:id:ha-zi:20201016061938j:plain

 

三井住友カードVISA

f:id:ha-zi:20201016135911j:plain

何枚もカードが発行できたことに味をしめちゃって、
本家の三井住友カードを申し込みしたらこれも審査が通りました。
20%キャッシュバック(上限8,000円まで)キャンペーンを行って居た時にモッピーを経由して契約しました。
このカードを使って食洗機を買ってキャッシュバックを受け取ったのは、クソババァ達両親には内緒です。
…このブログを見てたら速攻バレるけど。笑

 

www.hazi.me

 

僕はよくわからないのですが、最近カードのデザインを一新したようで、
Visa LINE Payカード同様、エンボスレスでカード番号などの情報は全部裏面にあります。
こういった形態のクレジットカードが今後日本では主流になっていくのかもしれませんね。

使用感は可もなく不可もない、オーソドックスなクレジットカードという印象です。
新規入会時はキャッシュバックキャンペーンなどありますが、
それが終わると正直使いどころがわからないカードです。

 

>>>三井住友カードVISA新規入会案内ページ

f:id:ha-zi:20201016062548j:plain

 

Revo Style

f:id:ha-zi:20201016140053j:plain

三井住友カード発行のリボルビング払い専用カードです。
これも完全にポイント目当てで契約しました。

 

商品購入時に1回払いにしても嫌でもリボ払いになり
毎月の支払い金額も残高が10万円以下だと5,000円、
10万円~20万円までは1万円、
以後残高10万円増額ごとに5,000円ずつと、
毎月の支払い金額が原則この金額で固定されてしまっているのです。

 

しかし、通常リボ払いの手数料は概ねどこも実質年率15.0%くらいなのに対し、
Revo Styleは実質年率9.8%と低めに設定されています。

まだ使ったことはないのですが、
使い方次第では便利そうなカードです。
年会費が全くかからないカードなので、
何か大きな買い物をするかもしれないというときの為に所持だけしています。

 

>>>三井住友カードVISA Revo style新規入会案内ページ

f:id:ha-zi:20201016062548j:plain

 

 

クレジットカードを取得できてよかったと思うこと… 実は正直あんまり無いかも。

ここまでクレジットカードの紹介をしておきながら、
こんな事を書くのは非常に恐縮なのですが、
クレジットカードを取得できて絶対的によかったと思うことは、
実は正直あんまりないかもです。

 

Visa LINE Payカードが今だけ3%なのでそれがちょっと地味にありがたいかもっていうのと、
何か急な出費があった時に持っていれば助かるかも。

 

結構、その程度な感じです。

 

なぜかと言うと、クレジットカードを持つ前から既に楽天銀行デビットカードを持っていて、
だいたいの事がこのカードで事足りたから。

 

www.rakuten-bank.co.jp

 

f:id:ha-zi:20201016141130j:plain

デビットカードはVisa、Master、JCBなどのクレジットカード決済が可能なお店で使え、使ったその場で預金口座から引き落としできるカードです。
ただしクレジットカードではないので1回払いのみです。
当然分割やリボ払いはできません。

 

即時払いという性質上、以前からエンボスレスのカードです。
まだ今ほどデビットカードが世の中に浸透していなかった時、
商品の支払い時にこれをキャッシュトレイに置くとレジの店員に「はぁ?」みたいな顔をされることもありました。

 

楽天に吸収される前のイーバンク銀行の時からずっと使っています。
年会費を払わないと利用できないなど、
楽天に吸収されてから色々改悪された時期などもありましたが、
現在は年会費無料でサービスが提供されています。
(年会費を払ってゴールドカードにして空港のラウンジサービスや保険を付帯することもできます。)

 

口座にお金を入れておけば、
サブスクリプションサービスの引き落としも、
光熱費、通信費の引き落としも楽天銀行デビットカードでほぼほぼ可能です。
今までこれで決済ができなかった事はなかったです。

 

最近だと、大手の都市銀行でも、
デビットカード機能が付帯されているキャッシュカードが発行されるようになりましたが、ポイントがつかなかったり還元率が悪いものが多い中、
楽天銀行デビットカードのポイント還元は、クレジットカードと同じ1%。
楽天市場で買い物するときは楽天のクレジットカードの方がポイント還元が大きいけれど、それ以外のところではあまり困らない。

 

あとは前払いか後払いかだけ。
口座に入れている預金から即時引き落としされるのか、
カード会社の指定日にまとまって引き落とされるのかの違いです。

 

クレジットカードを持ち初めてから、
約半年以上経ってますが、
今までとそれほど出費に変化は感じないです。
Visa LINE Payカードのポイント還元率が今は3%なので、
2%分だけ贅沢ができてるのかもっていう程度です。

 

なので、Visa LINE Payカードの現状3%の還元率が、
従来の1%になったら、
もとの楽天銀行VISAデビットに戻そうかなって考えているところです。

 

ただ、やっぱり思うのは、
こうして今、クレジットカードを持てたというのは、
底辺でクズでバカでアホでゴミで種壺でブスで足臭くて顔デカくてソチンでポジ野郎な自分も、
ある程度信用してもらえるような立ち位置になってきたという事だと思うので、
それはシンプルに嬉しいです。
長く生きていれば意外と色々何とかなることもあるモンです。

 

計画的に使ってまたここからしっかり信用を築いていきたいと思います。