パンドラの箱の中には…

2019年11月HIVの感染が発覚してからの日々を綴った37歳のゲイブログ

人気YouTuber逮捕、緊急事態宣言解除、同性婚を認めないのは違憲

\ツンツンしてもらえると嬉しいです。応援よろしくお願いします(^o^)/

パンドラの箱の中には… - にほんブログ村 パンドラの箱の中には… - 人気ブログランキング

この記事をシェアする

\ Follow me!! /

服薬391日目・HIV483日目

 

何か今日はいろいろニュースがありましたね。
HAZI(@hazi_57)です。今日もおつかれさまです。

 

僕のブログっていつも、本題に入る前にだいたい無駄な前置きがあるんですけど、
そんな無駄な前置きを書いていたら、
文字量が本題レベルに長くなってしまったので、
もう今日はそっちの方をメインにして書いてしまおうと思います。

人気YouTuber逮捕

youtu.be

人気YouTuberが逮捕。まぁ…誰この人?って感じです。

 

イケメンYouTuberとかカリスマYouTuberとかもてはやされているらしいですが、
別にイケメンでもないし、目ちっちゃいし、
色白前髪系のヒョロヒョロなもやしだし、
歌も特別うまいわけじゃない…。

 

でも、元欅坂46の子がかわいそう。
妊娠しててまだ籍も入れてないのに男は逮捕だなんて…。

 

まぁ、なんでもよいのですが、
タトゥーを入れている人は、身の振る舞いに人一倍気を使うべきです。
こーゆーのがいて他のタトゥー入れてる人がみんな同類に見られてしまうのは気の毒です。
自分はタトゥーないけど。

 

あ、あとは、自分もピンクのアプリとかで安易に「ち●ぽ写メ送って」って言わないように気をつけます。

 

緊急事態宣言解除

www.youtube.com

1都3県に出てた緊急事態宣言が21日に解除されるそうです。

 

今までなんだったの?って感じです。
緊急事態を延長しなければならないような事態だというのに飲食店8時までとか中途半端な政策で結果感染拡大は収まらずズルズルダラダラとここまできちゃいました。

 

感染している方が他の方にうつしてしまうところに基本的な問題があって、
そのリスクを下げる手段を施しましょうというのが、
本来の緊急事態宣言の目的のはずなのに、
「飲食店」とか「夜8時」ってワードだけがなんだか独り歩きしてて
もともとの目的をすごく履き違えてる。

 

どれが正解というのは無いんだろうけど、
ただ少なくとも、コロナにとってはほぼ効果はなし、
国民の生活的にはマイナス、経済的には壊滅的にマイナス、
しかし小規模の飲食店は協力金をもらえてウハウハ、
ただただ不公平感でしかない2ヶ月半だと感じました。

 

同性婚を認めないのは違憲

www.youtube.com

同性婚認めないのは違憲であるという初の判断が札幌地裁でくだされました。

 

これ本題に入る前に言いたいんだけど、
「同性婚禁止は違憲」という見出しを散見するんだけど、
同性婚自体は禁止していません。
日本国憲法第二十四条第一項では「婚姻は両性の合意のみに基いて成立」すると明示されていますが、
民法上「婚姻が異性間にのみ成立する」と規定する条文はないんです。
禁止もしていないけれど、許可しているわけでもない、
だから同性同士の婚姻はできないという事になります。
現実は禁止しているも同然ですけどね。

 

個人的には、今回の判断は漠然といいなぁって感じました。
正直、38年近くちゃんと恋人ができたことないので、完全に蚊帳の外ですが…。
いつかは恋愛もするかもしれないし、
その人と一緒に住みたいと思うかもしれない、
その人と一生死ぬまでともにいたいと思うかもしれない、
いつか自分が死んでしまうかもってときは相手の負担にならないようにしたいとか、
多分色々出てくるかもしれないので、
生きていく上でいろんな選択肢が増えて、
自由に出来るようになることは、とても喜ばしいことかもしれません。

 

同性婚を求めている人は愛とか夢とか理想を追ってるわけではなく、
保険や遺産の相続だとか人生のもっと深いところを誰よりも真剣に考えている人たちです。
結婚の予定はおろか、恋人いませんけど、
人生設計は自分もしっかり見習わなければいけないと、
この手のニュースを拝聴する度にいつも思います。

 

 

 

今回の件で、
気になったこと2つだけここで書かせてください。

 

まず、全く関係の無い人が、
過剰に騒ぎすぎなんじゃないかと思います。

 

「別に同性婚じゃなくても、愛しあってるならそれで良いんじゃないの?
そんなに結婚にこだわる必要なくない?」
的な、
比較的同性婚に対してやや否定的なコメントをtwitter等で見かけますがこれは謎です。
「塩と水さえあれば最低限生きられるんだから、それだけでいいでしょ?」
って言っているのと同じですね。

 

結婚したことのない人や、結婚を考えたこともない人が、
同性婚を否定して勝手に結婚の概念を語ってるのもどーかと思います。

 

愛し合う同性二人が結婚して男女の婚姻と同じ権利を手にいれたとして、
生理的に気持ちが悪いとは思われるかもしれないけど、
別に誰も迷惑はしないし、被害を被るわけでもない。
同性婚を認めても、関係のない人には今まで通りの日常が今まで通りに続くだけ。
ただそれだけのことかなと思います。

 

 

 

が、しかし同性婚を希望している一部の人の言い方に対して、
僕は少々違和感を覚えました。
21時台かのNHKニュースで同性婚の話題があったんですけど、
それに出演した人がこんな事を言ってたんです。

 

「自分は結婚に値しない人間なんだとスティグマ(烙印)を押されたようですごく辛かったですが、今日の判断でやっとマイナスからプラマイゼロのところに立つことができたと感じてます。」

 

ちょっとうろ覚えで恐縮なんですが、
同性婚、結婚に値しない、スティグマ、マイナスからプラマイゼロというワードは確実にありました。

 

結婚しないこと、結婚できないことって、
マイナスなんですかね?

 

したいのにできないというのは、
マイナスなんですかね?
したいのにできない事って、
同性婚に限った話じゃないと思うんですが。

 

もしかしたら、普通に男同士で婚姻届を出したら、
役所の担当者に気持ち悪いとか公序良俗に違反するとか辛辣な事を言われたのかもしれないし、
そういう意味ではマイナスとも捉えられるけど、
婚姻という選択肢ができて初めてプラマイゼロだという考えが自分にはしっくり来ませんでした。

 

好きな人を作って結婚までできることが、
人として当たり前でスタンダードなことなんだと言われた気がしました。

 

結婚に値しない人間なんだとスティグマ(烙印)をまだ押されてもいない自分は、
今マイナスの場所に立っているんでしょうか。

 

ひねくれているかもしれませんが、今はそんな気分です。

 

 

なにはともあれ、今回の札幌地裁の判断自体は、
とても良い判断だと思います。
同性婚という制度ができることで、
1人でも多くの幸せな日本人が増えていくのは、
普通に良いことだと思います。

 

そして自分もなんとかいい人見つけて、
その幸せな日本人のひとりに成り上がりたいと思います。